意外な色合い

友人のはなしです。築15年の自宅の外壁塗装を業者にお願いしていました。友人は55才で、現在は茶色系ですが、落ち着いた小豆色にしたかったようです。サンプルを見て、「いろいろな回るの住宅を参考にしながら自分の家に合う色をえらんでいたようです。友人の家は住宅密集地にあり、しかも景観指定地域という事でどんな色でもいいという地域ではないようです。小豆色ならばどれを選んでもそんなに失敗はないように思えました。とはいえ、塗装のサンプルは本当に小さく、5�p四方くらうなので、正直色の出方は塗らないとわからない、、というのが本当のところでしょうか。友人は事前に私たちにも小豆色にした!と伝えていました。いざ、完成、となり、どう?と聞いてもなかなか返事がありません。じつは、やはり友人が思っていた色とは違っていたようです。ラインで小豆色、というより、濃い赤紫、と言っています。そして、自分の思っていたより違う違う!とこぼしています。私は気になってすぐに視にいきました。すぐにわかりました。周りよりも色が濃いじゅうたくだからです。たしかに、小豆色というよりも赤紫に近く見えるのは、塗装の光沢のせいもあります。塗装の種類にもよりますが、結構ピカピカ光って、テカっていました。これは友人が微妙だと思うはずです。色って難しいです。もし、最初にもどるなら、他のどれを選ぶのか、やはり同じものを選ぶかもしれません。友人はローンもあるのでそれを払うのに一生懸命です。いまは、色は諦めています。色自体悪くはないですが、落ち着いた色合いとはいえません。経年劣化で色あせると小豆色に近くなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました