自分で外壁塗装

築34年になった家の屋根塗装と屋根塗装工事を行いました。一度13年前に外壁塗装と屋根塗装工事を自分でしているのですが前回はまだ少し新しい状態でしてのでそんなに手間がかかるような記憶ではなく今回もそんな考えで行ったのですが、創造以上に大変でした。まず、下処理をしたのですが、13年前にあまり知識がなく塗っていたので、下地塗などしてないため、塗装がちゃんと付着してなくその処理範囲がかなり広かったのでかなり苦労しました。塗膜処理を完了させると、周辺に塗料がつかないように、保護シートで塗装以外の部分を保護したりしました。この作業も、前回した時の教訓なのですが、塗料が飛びちった後の処理に苦労しました。それと並行しながら老朽化したコーキングを修正したりしました。その後、下塗りをしました。下塗りは外壁材との接着の役目がある為、丁寧に塗りました。前回は下塗りをせずに工事をしたのでムラも少しはあったのでこれも前回の教訓の一つです。下塗り完了後、本塗を行いました。下塗りも本塗も前回はハケでおこなったのですが、ローラーの方がきれいで早く塗れるという事を教えて頂き、ローラー塗を行いました。本当にきれいにでき、前回の塗装工事では4日かかったのですが、今回は2日で終わり、なんといってもかなりきれいに仕上がっています。家は平屋ですので足場等を設置しなくても塗装工事できるのでやりやすいですが、これに足場などを設置するとなると費用と労働がかなりかかり自分ではできなあと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました