雪国の外壁塗装

北海道に住んでいる知人に、外壁塗装の相談をされました。サイディングという外壁がかなりボロボロで、住宅も建てて20年ぐらいになるので、どうしようかという話でした。画像を送ってもらって見ましたが、毛羽立っているようで雪国ならではの劣化の仕方で、外壁塗装の前に内部の状態を見るために外壁の一部をはがした方が安全だと思いました。

雪国の外壁はとても傷みやすいです。雪がずっと積もっている事が多く、セメントなどの外壁は水や寒さに弱く、凍って膨らんで小さな破裂を起こすような凍害のリスクがありますし、膨らんでひび割れが起き、水が浸入して内部がかなりひどい状態になりがちです。ですから、雪が積もる高さまでが特に傷んでいるケースが多いです。その被害を避けるために金属のサイディングを貼っている住宅もあります。外壁を塗ってからだと内部を見れなくなりますので、一度現状を確認したいものです。とは言っても、雪国は外壁を塗れる時期はとても短いです。外壁塗装をお仕事にされている人は、雪が積もっている時期と夏場で仕事を代えているぐらいです。雪国に住んでいる人々は、塗装の意識がかなり低く、外壁がかなりひどい状態の住宅が多いです。

最近は品質が改善されて、強化剤や添加剤によって気温が低すぎて塗料が塗りにくいという事は少ないそうです。外壁はヒビが入りますと、アリが侵入して建物の中に巣を作ったり、断熱材を食ったりしますので、外壁塗装でケアをしたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました