一般住宅の外壁塗装工事

自分は以前、塗装業者で勤務していました。その塗装業者は友人の父親が経営している塗装業者で自分は従業員として勤務していました。自分の知り合いから一般住宅の外壁塗り替えの依頼がありまして、社長に相談して塗り替えする住宅を見てもらい、見積りを出してもらい相手方の承諾を得て、塗装工事を実施することになりました。その住宅は2階建ての普通の一般住宅で特に問題がある住宅ではありませんでした。自分の勤務していた塗装業者は足場も所有していましたので、自社で足場を組み立て、塗装を実施する予定でスタートしました。まずは初日は、足場の組み立てからで組み立て後、窓枠や玄関まわりの養生作業を実施して完了後、外壁の水洗い(高圧洗浄)を行い、外壁の汚れを綺麗に落とします。初日はそこまでで作業終了です。2日目に外壁のコーキング箇所の打ち換え作業もありますので、古いコーキングの撤去作業を行い、新しくコーキングを打ち込み作業を行い、外壁の下塗り塗料を塗っていきます。2日目はここまでで終了です。3日目に外壁の上塗り作業を行いますが、上塗りの方は下塗りと上塗りの2回塗りの仕上げになります。元々の外壁が白系の色でしたので、濃いグレー系の色にしたいとのことでしたのでその色で仕上げることになりました。その後、外壁が仕上がり3日目は終了です。4日目が最終日で、外壁まわり塗装面の塗り忘れ箇所などを最終確認して窓枠、玄関まわりなどの養生を撤去、足場の方を撤去して、その後住宅まわりの清掃を行い作業終了です。その後、引き渡しという形ですべての塗装工事が終了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました